赤帽ハイルーフキャリアを一部加工利用で取付ます。

サイトマップモバイル
赤帽千載運送バナー Highway moving servise
akabou
あかぼうせんざいうんそう
フリーダイヤル
0120-20-8524
神奈川県海老名市大谷北3-23-22-105
TEL:046-244-0153 FAX:046-244-0154
https://www.exp-akabou.com/
HOME 業務内容 料金形態 法人のお客様 個人のお客様 事業所概要 個人情報保護方針
HOME>取付方法  ご覧頂き、ありがとうございます
オリジナル品
オリジナル風防キット
オリジナルサンバー風防 サンバー風防
オリジナルサンバー用風防のキャリア加工方法 加工方法
オリジナルサンバー用風防の取付け方法 取付方法
風防をご利用頂く場合に了承が必要な為の同意確認書 同意確認書
コンテンツ
赤帽軽貨物トラックの荷台寸法 荷台のサイズ
赤帽チャーター便の各地主要都市への料金表 料 金 表
パワゲート同等の手動リフター 手動リフター
赤帽のSEOや各種リンクサイト リ ン ク
全国で活躍している赤帽組合員リンク 赤帽リンク
赤帽の運送やお引越しなどへの様々なお問い合わせ お問い合わせ
赤帽へ各種お問合せ他 メ ー ル
 FAX用紙
全国のお天気
下記ポータルサイト
に登録されています
グーグルヤフーmsn
QRコード
RUL http://www.exp-akabou.com/ メール senzaiunso@exp-sksbou.com TEL 0120-20-8524
GSL-このWEBサイトはCO2削減に貢献しています。

オリジナルFRP製風防の取付方法

写真をクリックすると拡大します
フロント金具フロント金具 サイド金具サイド金具 リア金具(今は一体物に変更)リア金具
表面 加工組み付け完成写真組み上げ 裏面
分りずらいとは思いますが、何度も読み返して頂きある程度理解した上で作業を開始して下さい。
穴位置変更と高さを加工したハイルーフルーフキャリアの脚1セットとドア内側のキャビンに取り付けるフック金具4個必要。
   右の写真は赤く塗装した物です(実物は黒色) ルーフキャリアとフック金具
ハイルーフルーフキャリアは脚を取付幅(角パイプの左右長穴の外側位置で測らなくても大丈夫)1183mmに、角パイプの両端が均等になるように合わせ締め付ける。プラスチックつまみの付いた締め金具は外しておく。 図面

FRP製風防本体金具の組み立て


ねじは全て平ワッシャではさみ、ばねワッシャを入れてナットで締める、組み付け段階では手で締める程度。
風防を裏にしてリア金具を前側に倒れる方に、表面から頭の丸いねじに大きいワッシャを入れてねじ止めする(左右)
現在リア金具は一体物に変更されています。
組みつけ
サイド金具(1個だけの長穴)にフロント金具が内側になる様に組み付ける。(左用・右用)
サイド金具とフロント金具組みつけ
組んだサイド金具を風防本体のフロントサイドに、フロント金具が上を向くように、表面から頭の丸いねじに大きいワッシャを入れてねじ止めする(左右)。
風防本体に取り付けたリア金具にルーフキャリアの脚を取り付ける。(角パイプの両端ねじ穴位置)
リア金具に取り付けたキャリアの脚にルーフキャリアのプラスチックつまみの付いた締め金具とサイド金具三つをサイド金具が一番外側にボルトで友締めする。
サイド金具と脚の友締め
▲上へもどる

キャビンに取付


ドア内側の運転席キャビンにゴムモールをはがしルーフキャリアのフック金具をねじ締めで取り付ける(左右)。フロントガラスの上、風防が当たる10cmほどの部分のほこりや汚れをきれいにする、後で両面テープを張る為。
フック金具を取り付け
組み上げた風防を車のキャビンの上に乗せる。(各金具で車にキズを付けないように気をつける)二人で乗せるのが安全だと思います。
プラスチックつまみの付いた締め金具をボディーに取り付けたフック金具に引っ掛けてプラスチックつまみを締める(リア)、フロント金具はフック金具に引っ掛けるだけ。
風防先端の両端と窓枠ゴムの間隔が(左右)約1cmぐらいの位置に両面テ-プをはがし風防を付ける(風防先端の中央に布を巻いたドライバ-等を入れすき間を開けるとやり易い)位置が悪い場合はサイド金具をずらし調整する。
はじが約1cmの間隔
引っ掛けたフロント金具の長穴とフックの隙間に適当な物をはさんで、フロント金具が下に さがらない様にし、サイド金具とフロント金具がほぼ直角位置で、サイド金具を下にさげ 一本だけねじを締め固定する、左側・右側同様。はさんだ物を外し左右フロント金具とフック金具の隙間に、サイド金具を下に軽くさげてみてガタが、無いことを確認し風防の先端がボディ-と密着していることを確認する。
下がらないようにはさむ
全部のねじを完全に締め付ける(ねじを完全に締める時は締めすぎにご注意ください。)
締め忘れが無いことを確認しはがしたゴムモールをはめ込んみ元に戻して完了。
取付や加工時のお問い合わせは、046-244-0153まで!
赤い部分は重要箇所
取り付け完了からしばらく走行の後に各部に緩みなど無い事を御確認ください。また走行中に異音や振動を感じた場合は直ちに停車し、緩み、がた調整、ねじ締めを行い、異音やがたつきが有るまま絶対に走行を続けないでください、脱落や破損で事故につながる恐れが有ります。ボディーに取り付けたフック金具のゴムモール部分からまれに雨漏りする車が有る様です、その場合はゴムモ-ル等の中にコーキング剤を入れてください。(水まわりのコーキング剤で対応可能です)
▲上へもどる
Copyright (C) Since1997赤帽千載運送 All Rights Reserve